スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラリーマンこそ勝てる!

市販の雑誌等に書かれている、回る台で粘ることが勝率アップの秘訣というスタンスだがほとんどの人はこの通り実践して負ける方が圧倒的に多いだろう。当方もパスチロの勝ちをパチンコで返してくるような状態がここ数年続いた。理論上回る台に座ったら回転数が多くなるため大当り回数が増えることになる。完全確率で高い確率の場合は・・・。(続く)
スポンサーサイト

新台入替は勝てるのか?

一昔前までは新台入替は特別なイベントでくぎは激甘ぐるぐる当たり前で、運よく座れたらその日の勝ちは9割もらったようなものだった。しかし最近は新台の時点で釘ガチガチ、大当り中の出玉カットが当たり前になっている。特に前評判の高い機種ほどこの傾向が強い。新台のうちはぐっと打ちたい気持ちを抑えて勝ち慣れている既存機種できっちり稼ぎ、稼動が少し落ち着いて台を選べるようになってから新台に挑戦するのが勝ち続けるポイントではなかろうか。

正統攻略でも・・・

店の客層、換金率、多機種にわたるデータの把握、時間帯等、負ける要因を極小に抑えることに成功し、立ち回り変更後はわずか三週間でプラス20万!

昨日はある機種で投資1000円換金29800円稼動わずか一時間あまりと狙いが見事にはまった勝ち方であった。

仕事しながらでも十分稼げるのである。

これがホルコンの真相!

ホルコンの基本的な仕組み

スタッフィ


○ホールのパチンコ台は、数台で一組のグループを構成しており、ホルコンからの大当たり信号をグループ単位で受信し、その大当たりの信号がグループ内を回る。

○グループ構成は、並び構成と、下一桁の台番号が同じもので構成されたケツ番構成がある。

○ホールが指定した売上の設定に基づき、大当たりの信号を、抽選で決められたグループに発信する。

○受信された信号は、グループ内の当たり番になっている台で大当たりになる。当たり番は、大当たり時、確変中、確変終了時、大当たり終了時、時短終了時のタイミングで、グループ内を移動する。この際、ロムの状態が良い台は当たり番になりやすく、ロムの状態が悪ければ当たり番を飛ばされることが多い。
-はまり台はとことん当たらない法則-

○ホルコンが大当たり信号を送る為に、グループの抽選を行う際、ロムの状態が良い台が多いグループは抽選に当選しやすく、大当たり信号を多く受信しやすい。

theme : パチンコ
genre : ギャンブル

ホールコンピュータ攻略

FXポータルのわかる!FX
FXのすべてがここにある!

現在9割のパチンコ店でホールコンピュータを導入済みとのこと。
ホールコンピュータで出玉・大当たりは全て管理されしっかり
店に利益が出るようになっている。
このホルコンがあるためにパチンコは特にシビアな立ち回りが
要求される。
毎日決まった時間が来ると急に全体的に大当たりが頻発したり
するのもこのホールコンピュータから信号が発信されるのが
決まった時間だからである。

theme : パチンコ・スロット
genre : ギャンブル

RSSフィード
rank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。